tobiraya BLOG

豆本の扉やブログ http://www.tobiraya.net/blog/

2008年06月02日(月)

7月の個展「まめほんびらき」のはがき [おしらせ]

画像(180x121)・拡大画像(622x420)

みてね

カフェギャラリーオルガ(日野駅より徒歩1分)さんで行う個展(7/7〜31)のDMができました。そのまんまですが豆本オン・ザ・豆。
豆本の展示を一人でやるのは初めてで、あれこれ連想しているうちに「まめほんびらき」というタイトルになりました。
まだまだ制作現場は紆余曲折ってますが、もうすぐ全てがピキーンとはまりそう。ほんとかな。

※展示のみではなく、販売も致します。見本も用意しますので、のんびり読んでいただいて構いません。



関連タグ :

Posted by 西イズミ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 4 )

2008年05月24日(土)

もうひとつあった [日常]

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

とまったよ

「暮らしの手ぬぐい暦」に掲載されてうれしかったことが、もうひとつあります。
それは、巻末の「問い合わせ」ページ。

あいうえお順だからなんですが、長崎雑貨「たてまつる」さんの近くに載れたことがほのかにうれしい。3月に長崎を訪れた際に、購入したショルダーバッグ(表布に手拭「たてま手ぬ」が使用されている)を現在愛用中なのです。
夕暮れ時にロープウェーで稲佐山にゆき、刻々と濃さが変わっていくむらさき色の空や、まちの光の美しさ、それに負けず劣らず輝く月光などによって本当にこころ穏やかになったので、柄は「こんげん月はえっとなかばい」。

ちなみに、手拭好きなら「出島」のお土産屋さんの長崎柄手拭もハズせません。プリントだけれどデザイン・色が非常によく、強烈に所有欲をそそられることでしょう。お土産にも超おすすめです。

それにしても、未だに今住む街の「平ぺったさ」に時折寂しさを覚えるほど、長崎市内を巡った時間は楽しくて、早くまた行きたいな、行きたいなー、と3日に一度くらい言っているのです。(十数年前、修学旅行で行ったときは、まったくもって旅にも町歩きにも積極的じゃなかったんですが)


関連タグ :

Posted by 西イズミ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

2008年05月23日(金)

「暮らしの手ぬぐい暦」に掲載されました [おしらせ]

画像(154x180)・拡大画像(475x554)

おもしろいよ

扉やの手拭佐々木ルリ子さん著「暮らしの手ぬぐい暦」(河出書房新社・A5判・1400円)に掲載されています。
色とりどり、美しくたのしい柄の手拭が紹介されているだけでなく、モチーフの解説や手拭の用途(包み方、かぶり方、ちょっとした加工方法)、さらには有名製造元の作品傾向なども書いてあったりして、手拭好きには大満足の一冊。

「扉や手拭」は60ページに登場しています。掲載方法は全ておまかせしたので、出来上がるのを楽しみにしていたのですが、見事に本にまつわる使い方がなされていてうれしい限りです。本当に。どうもありがとうございました。
トートバッグになっているのが格別素敵なアイディアだなあと思いました。やってみよう!(作り方も、ちゃんと巻末に載っています)さらに別ページに、手拭を包んでいる帯紙もちらりと載っております。うれしいな。

手拭好き、和雑貨好きの皆様、是非是非ご一読くださいませ。


関連タグ :

Posted by 西イズミ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2008年05月21日(水)

ヴィックスドロップのイガイガしたあいつが [日常]

画像(138x180)・拡大画像(480x625)

もやもや

数年ぶりに風邪を引いています。しかも、一週間経つのに全快せず長引いています。優曇華(→最近覚えた日本語)な。
日常生活に格別の支障はなく、発送作業等もしておりますが、ちょっとした拍子にゴホゴホ激しく咳き込むのでつかれます。「咳をしても ひとり」ゲージが上がります。ねこと家族がいるけど。そして家族にも風邪がうつり。ああ。
とりあえずおいしいのど飴など、探してみようと思います。


関連タグ :

Posted by 西イズミ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2008年05月13日(火)

7月に展示をやります。 [おしらせ]

画像(180x240)・拡大画像(480x640)

長崎でみた錠前

7月8日〜31日まで、日野市の喫茶店「オルガ」さんで展示を行います。個展です。
アンティークの美しいものにかこまれて、おいしいコーヒーがいただける上等な空間で、それでいてゆったりと居心地が良い。カウンターの奥にはきらきらと酒壜が並んでいて、夜はスコッチバーになるのだとか。いいでしょう。…と、夜に伺ったこともない癖に、ついつい自慢したくなるお店です。

行ってなにか口にすれば、心強くなったり、気持ちが整理されたり、メラメラとやる気が出たり、そういう飲食店を私はいくつか知っていますが、オルガさんにもそういう有意義な作用が満ちています。ちょっとした小物まで飾ってある物がみな素敵なので、いいなあいいなあ、と思っていると、何かを作りたくなってくるのです。

とはいえ、「どんな本を置いたらいいんだろ(今それか?)」「もうひとひねり、なんとかひとつ(駄目出し。っていうかセルフ門前払い)」と、未だアレコレ迷っておりますが。
最近、ある材料をえんえん集めているので、それをうまく使えないかと試行錯誤しています。


関連タグ :

Posted by 西イズミ   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

6

2008


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

プロフィール

西イズミ

扉や(とびらや)

豆本と猫雑貨製作

西イズミ

http://www.tobiraya.net/
twitter : @brunnen_
インドアな本好き。猫の飼い主、豆本作家、雑貨作家、イラストレーター。
現在3冊の既刊があります。その他、猫関係のお仕事をときどき雑誌やテレビでしております。
☆「猫がよろこぶ手作りグッズ」(WAVE出版)
☆「猫との暮らしを楽しむヒント228」(河出書房新社)
☆「作ってあげたい猫の首輪」(河出書房新社)

検索


カテゴリーリスト

タグリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

[ 豆本・製本 ]

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2006-2009 TOBIRAYA All rights reserved.