[豆本の扉や]趣味の消しゴム版画



http://www.tobiraya.net

TOP>消しゴム版画

●消しゴム版画のたのしみ

カメラ 私の手先は優柔不断です。線を引けば斜めになるし、一度でスパッと形が決まらない。 だけど版画なら絶対に白黒ハッキリするわけで、そんなところに魅かれて小箱いっぱい 消しゴムを彫りました。
はんこいろいろ

即売会用の豆本を入れる袋にぺたぺた押したり、はがきの端っこにポンと押したりしています。 カラスと空

思い立ったらすぐ彫れて、完成も早い!達成感が気軽に味わえるとこが好き。
道具はヒノデワシ社製の「はんけしくん」とカッターだけ。 「はんけしくん」は適度な硬さで彫りやすいし、押しやすいです。

スタンプパッドはついつい増えてしまうけれど、基本は赤・青・緑・黄・黒の五色。 ぼかしたり二色使いしたりして遊びます。主線と背景のように、版をわけると 押す楽しさも二倍です。

ヒノデワシ社のサイト http://www.hinodewashi.co.jp/index.htm

●歌舞伎ものあれこれ

歌舞伎版画1歌舞伎版画2歌舞伎版画3 歌舞伎版画4消しゴムの版

2004年の末あたりから歌舞伎が好きになりました。色彩そのものが動いているような舞台の世界。 見ているだけで元気になります。興味がある方は、一刻も早く観にいきましょう。 (どうして今まで観なかったんだろう?と後悔したクチなのです)
頭の中で作りたい絵を想像しながら、家に帰って一気に彫ります。

 

豆本屋さん

 

本のほかに

 

店主日記

 

リンク

Copy Right Tobiraya/Nishi Izumi All Rights Reserved.since 2006
mail/ mamehon@tobiraya.net